【掃除】洗面所掃除は予防&浮かせる&ついで、が楽ちん!

アイテム

こんにちは、暮らしを改善するアイデアを発信、暮らしカイゼン研究所のサキです。

皆さん、掃除は得意ですか?
私は元々は苦手な部類でしたが、自分が出来るやり方を模索していくことでなんとか人並みにキレイに保てるようになりました。

実家に住んでいた時は自室が大体いつも散らかっていましたし、大学に入って一人暮らし始めても、掃除や片付けの基礎がなくて、トイレ掃除をさぼる、資源ゴミを溜めてしまう、床は掃除機かけても棚の上のホコリを払う概念がないなど、ひどいものでした。

少しずつ、どうやれば自分がちゃんとゴミを捨てられるか、掃除はどういう手順でやってどういう用具を使ってどういうタイミングでやれば自分に出来るか、そういうことを模索して今に辿り着きました。

家に遊びに来た友達には綺麗好きだと思われることもあるくらいには、レベルアップしています。

というわけで、今日は面倒くさがりな私が辿り着いた掃除のアレコレの中から、「洗面所」の掃除について書こうと思います。

洗面所は「予防」「浮かせる」「ついで掃除」が結局楽。

まず、我が家の洗面所を写真でご紹介します。

どうでしょうか?
べらぼうにキレイな光輝く洗面所、とは言いませんが、一般的には綺麗と言えるレベルじゃないでしょうか?
特にホコリや水垢もありません。
そして、いつもこの状態をキープしています。

この洗面所を綺麗に保つ、掃除を楽にするポイントは、写真の中に3か所あります。

洗面所を綺麗に保つ&掃除を楽にするポイント

ポイントは、↓の写真の赤丸をつけた3か所です。
一つずつご紹介します。

1.鏡の汚れをとる「ダイヤモンド ウロコとり」(ダイソー)

この、鏡にくっついたスポンジです。

すぐ出来てしまうけどなかなか落ちない鏡のうろこ汚れ。
普通のスポンジで磨いても、布で磨いてもなかなかとれませんよね。

色々試して一番よく落ちて使い勝手が良かったのが、ダイソーで購入できる「ダイヤモンド ウロコとり」です。
人工ダイヤモンドの研磨剤の面(写真でギザギザ模様が見えている面)を濡らして、鏡を優しく撫でるようにくるくると磨くと、シャリシャリと手ごたえがありうろこ汚れを落としてくれます。

しかも吸着パットがついているので、上の写真のように鏡にくっつけることが出来るので、どこかに置いて無くしたり逆に置き場が水垢で汚れることもありません。

顔を洗った時、外から帰ってきて手を洗う時、お風呂あがりなど、ふと気になった時にサッと磨けるので掃除のハードルが低くとても簡単です。

私の場合は、お風呂あがりに気になった時にサッと磨き、体を拭いたタオルで鏡に残った水滴を拭きあげちゃうのがいつもの流れです、

不動産サイトCHINTAIの記事で実際にこれで鏡を綺麗にしてみた記事がありましたので、シェアしておきますね。

【100円ショップ・ダイソーの店長オススメ】お風呂の大掃除に便利な100均グッズ | CHINTAI情報局 - Part 2
今年もあっという間に終わり、年末が近づいてきた。大掃除でたまった汚れをキレイにしたいけど、水まわりの掃除って面倒…。そこで今回は、身近な100円ショップ・ダイソーで買える、便利なお風呂掃除グッズを紹介! ダイソーT-BOX横浜藤が丘店の中川店長に、バスルームの大掃除にピッタリな100均グッズを教えてもらった。

2.マーナの洗面所スポンジ

続いてこちらです。

マーナの洗面所スポンジです。


見ての通り壁にくっついています。
どうなっているかと言うと・・・

突起のついた吸盤を洗面台の壁にくっつけ、穴の開いたスポンジをこの突起に刺すというもの。
スポンジ自体は壁にも地にも接しないので、通気性がよく衛生的であり、スポンジから水垢ができることも防ぎます

小さめなサイズ感とこの色のお陰で存在感がなく、まず見た目よし

そしてサッと手にとりササっと洗面台を磨いたらここにプスっと戻すだけ。
小さいので排水口まわりもしっかり磨けます。

こちらも先に紹介したダイヤモンド ウロコとり同様サッと使えるので、気づいた時にちょっとやるだけ。さぁ掃除するぞ!とやる気をださなくても、ふと目についたら20秒くらいで掃除できちゃうので、きれいな洗面台を保つことができます。

激落ちくんを洗面所に置いていた時もありましたが、置きっぱなしにすると赤い水垢がついたり、捨てるのが面倒だったのですが、これはそういったことがないので現状のベストスポンジ@洗面所だと思っています。

3.排水溝にゴミガードをつけておく

最後は「汚れの予防」です。

洗面所って顔を洗ったり髪をセットしたりするので、髪が結構流れていきますよね。
最近水の流れが悪いなぁと思ったら髪が詰まってる、なんてことはアルアルではないでしょうか。

自分の髪とはいえ、掃除するときはあまり気分の良いものではありません。
そこで、簡単にゴミを集めてパッと捨てられるのが↓のようなゴミガードです。

こういったものをあらかじめ排水溝にセットしておくと、ここにゴミが溜まるので月1くらいでポイっと捨て新しいゴミガードをまた取り付けるだけ

詰まった髪を排水溝からむしり取るようなことをせず、サっと処理ができます。

というわけで、今日は「予防」「浮かせる」「ついで掃除」を取り入れることで、洗面所の綺麗を保てる具体的な商品、方法をご紹介しました。

ズボラで面倒くさがりな私でもこの方法だと綺麗を保てているので、よかったら参考にしてください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました